カリキュラム

 

自然から人文にわたる諸分野の知識を身につけ、知的好奇心を喚起することによって、自ら学び理解する能力を培う。
地図や統計などの情報の収集や観測、実験、聞き取りなどによる現地調査、GISを活用し、地域の実態を総合的に分析し問題を解決する実践力を養う。
知識力・実践力を活用し、環境保全計画や災害対策、産業立地計画や地域政策、シンクタンク、観光業界、中・高等学校の教育職などの諸分野で活躍する人材を育成する。

1年次必修科目のこの授業では、地図作業や写真判読、GIS(地理情報システム)を使った地図作成などを行い、地理学の基礎的技能を磨きます。さらに現地の状況を作業結果に反映させるため、野外調査も行います。

科学・行政・ビジネスなど社会の諸分野で、GISが広く利用されています。授業では、GISを使用した地図表示と空間分析がいかに有効であるかを理解するとともに、GISを使用した地図作成と空間分析の方法を習得します。

楽しみながら学べることが地理学最大の魅力です。齊藤 雅 地理学科3年 都立江北高等学校

齊藤 雅私がおすすめしたい授業は、GIS(Geographic Information System:地理情報システム)関連の授業です。授業では世田谷区のコンビニの住所を調べて、分布図を作成しました。授業内では、作成した分布図からどの様な客層をターゲットとしているかなど、様々な考察を行います。GISは研究に活かせるのはもちろんのこと、マップを作成すること自体が楽しいので、思わず熱中してしまいますよ。
地理学には、人文地理、自然地理、前述のGISのような情報系の3つの分野があります。どれも密接に関連しているので、全分野をまんべんなく学ぶ必要があります。覚えることが多く、最初は大変かもしれませんが、地理学は楽しさがわかってくると、ドンドンのめりこんでいける学問だと思います。
私は高校時代の恩師に借りた「環境考古学」に関する本で、地理学に興味をもちました。地中にある花粉を調べることで、過去の土地の様子がわかることに驚き、大学では自然地理について学びたいと思うようになりました。地理学を学ぶようになってからは、周辺の自然や地形に目がとまるようになり、先生から地形の由来を教えてもらい、新たな発見を得ることが何よりの楽しみになっています。

* 自然地理学特別講義1と自然地理学特別講義2は,隔年で開講します。
** 人文地理学特別講義1と人文地理学特別講義2は,隔年で開講します。
※ 2016年度入学生から新カリキュラムに移行します。
※ 授業内容については、日本大学文理学部シラバスをご覧ください。
  1年次 2年次 3年次 4年次
  地理学を学び,実践するために必要な基礎力を養います。 地理学の専門的知識を学ぶとともに,基礎的な技術力を習得します。 地理学に関わる知識を深め,総合的な調査・分析を実践します。 4年次地理学の実社会における応用を考え,調査に基づく分析・考察・取りまとめ能力を磨きます。
基礎 地理学の基礎1
地理学の基礎2
地理統計の基礎
     
技能 地図学 地理情報システム(含実習)
GIS分析法(含実習)
リモートセンシング(含実習)
応用空間分析法(含実習)
地理情報科学
測量学
測量学実習
 
実践 自主創造の基礎1
自主創造の基礎2
野外調査法(含実習)
地域分析法(含実習)
地理学演習
   
自然地理学   地形学
気候学
生物地理学
環境地質学
地形学実験
気候学実験
環境地理学実験
自然災害論
地形営力論
気候変動論

生態史論
自然資源論
自然地理学特別講義1 *
自然地理学特別講義2 *
 
人文地理学   経済地理学
社会地理学
文化地理学
商業地理学
都市地理学
歴史地理学
農業地理学
観光地理学
工業地理学
都市空間論
人間環境論
農山村再生論
ツーリズム論
マーケティング論
地域景観論
現代人口論
地域政策論
エスニック論
人文地理学特別講義1 **
人文地理学特別講義2 **
 
地誌学 日本地誌      
アジア地誌  アメリカ地誌  ヨーロッパ地誌  オセアニア地誌  アフリカ地誌
地誌学   地理学課題研究1
地理学課題研究2
地理学卒業研究1
地理学卒業研究2