野外実習・調査

本学科には、多くの実験、実習、演習科目が用意されており、講義で得た知識や方法を実践しながら学ぶことができます。
特に、日帰りを含めて年間10回程度実施している野外調査は、現地調査の基本や機材の使い方を学び、実践する貴重な場となっています。
▼ 海外巡検へ

国内巡検



小谷巡検

長野県小谷村を訪れて、地震で生じた地表地震断層と地すべり、湿原と植生の立地を観察するとともに、観光と風評被害、「塩の道」の成立について聞き取り調査を行いました。

堺巡検

かつて「東洋のベニス」と呼ばれ、中世随一の栄華を誇った国際貿易都市・堺で、都市の特性を考慮しながら、班ごとにテーマを設定し、地理情報技術(GIS、GPS)を用いて現地調査を行いました。

「千利休生誕の地」堺市の和菓子文化を体感しました。金谷美希 地理学科3年 岩手県立盛岡第四高等学校

私は大阪府堺市を訪れ、和菓子店の歴史と現状、立地分布について調査を行いました。同市は千利休生誕の地で、茶の湯とともに和菓子の文化が栄えています。和菓子店は新店よりも老舗が多く、なかには創業400年を超えるお店もありました。また、店舗は旧紀州街道沿いに集中していること、その数も他の街と比べて圧倒的に多いことも特徴的でした。
現地では、皆と分担して約20軒の和菓子店を訪問して、お店の歴史と同市における和菓子店の現状について、聞き取り調査を行いました。さらに、お店を訪れたお客さんや、堺市役所の担当者にも話を聞くことで、多角的な視点から理解を深めることができました。インタビューははじめは緊張しましたが、徐々に慣れていき、とても貴重な経験となりました。
この巡検を通じて印象に残っているのは、やはり現地に直接足を運んで、話を聞くことの大切さです。老舗和菓子店から新たな観光施設に客足が流れているという現状は、書籍などを通じた事前の学びではわからないことでした。これこそが、巡検の醍醐味だと思います。

海外実地研究

文理学部18学科に属する学生を対象に、地理学科の教員が担当する「海外実地研究」を毎年実施しています。参加学生が、海外調査を行う意義や価値を感じられるように、現地の人々や大学、研究所との交流もプログラムに取り入れています。近年はヨーロッパ、アジア、北米地域での実施が多くなっています。




ドイツ南部の地域資源利活用

ドイツ中部フランクフルトとその周辺や、南部のバーデンヴュルテンベルク州、バイエルン州における都市や農山村地域を訪れ、地域的特色を「地域資源」として捉え、その現状を探ることをテーマに、生活文化・都市景観と機能・交通・農業の4班に分かれて14日間の調査をしました。

「ヨーロッパの自然と文化」

「地中海からバルト海の世界遺産を訪ねて」のテーマで、北イタリア、スイス、ライン川中流域、フランス中部、オランダ、フィンランド、エストニアを訪ねました。都市間移動はユーレイルパスを用いて、ヨーロッパ国際鉄道で行い、都市内はトラムや路線バスを利用しました。

欧州8ヵ国の旅行者を調査広大な自然に感動しました。櫻井琢也 地理学科3年 私立千葉敬愛高等学校

地理学科では毎年夏休みを利用して、約1ヵ月間の海外実地研究を行っています。私はイタリア、スイス、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダ、フィンランド、エストニアの8ヵ国を訪れました。欧州各国の地域性を見るために旅行者にアンケートを行い、出身国や滞在期間、滞在目的などについてまとめました。
そこでわかった欧州を訪れる旅行者の特徴は、思っていた以上に若年層の方が多いということ。地続きになっている国が多いので、日本よりも海外旅行に対するハードルが低いのかもしれません。また、欧州の大自然や生活、食文化も体感しました。なかでも、はじめて見たスイスのユングフラウの風景は爽快の一言に尽き、本当に感動しました。同国・グリュイーエル村で食べた本場のチーズフォンデュの味も忘れられません。
フィールドワークは地理学科最大の魅力です。楽しみながら世界のことを、地理のことを学ぶことができます。積極的にさまざまな場所に行って、いろいろなものに触れてみてください。「百聞は一見に如かず」という言葉の意味を、体感できますよ。