卒業生のメッセージ

卒業生のメッセージ

尾本 幸祐
木村 圭汰
国土交通省 防災課 勤務
2016年 地理学科卒業
積極的に巡検に参加しよう

 みなさんに地理学科で最も経験してもらいたいことは巡検です。私は在学中に東京・日本橋や高尾山などの身近なところから、甲府市や菅平高原などの遠方まで、さまざまな場所で現地の住民や自治体の職員に聞き取り調査を行いました。座学の講義や書籍では決して得られない新たな発見に驚き、知識が深まることは純粋に楽しいです。おまけに現地に宿泊することが多く、友達との仲も自然に深まるので、巡検にはすべて参加するくらいの心構えで、積極的に取り組んでもらいたいですね。
 私が参加した巡検のなかで、強く印象に残っているのは伊豆大島です。以前から、災害からの復旧に関心があったのですが、2013年に発生した台風26号の爪痕を目の当たりにして、その想いがより強固に。卒業後は国土交通省に入省しました。現在の仕事内容は、災害発生後に現地で被害状況を確認して、復旧予算の査定を行うこと。巡検で学んだ災害に対する意識は今も活きていると実感しており、被災した地域の復旧に貢献できる今の仕事に、大きなやりがいを感じています。

 

岡田 知里
岡田 知里
株式会社 JALスカイ 勤務
2015年 地理学科卒業
世界各地を旅してください

 旅行が好きな私は、北から南まで日本各地へ飛び立つお客様とふれあえる、グランドスタッフの仕事に楽しさを感じています。大学3年次のゼミで行った会津若松や卒業論文の調査で出かけた鎌倉など、フィールドワークを通じてさまざまな方にお話を聞く機会に恵まれました。地理学科での4年間が、元々話すことが得意でなかった私の意識を変え、世界各国のお客様におもてなしをする今の仕事につながっていると思います。
 地理学科の学生は旅行好きで、休み期間中に欧米に行くことは当たり前。みんなネパールやカンボジアなど、世界各国を旅していました。先生方もフィールドワークに何度も出かけています。授業で現地の写真を見せてもらい、もっと詳しく話を聞き、実際に自分が行ってリアルな風景を見ることができた時は、本当に感動します。本を読んだり、写真を見たりすることでわかることもありますが、実際に足を運ぶことでその魅力が何十倍、何百倍も伝わってきます。百聞は一見に如かず。地理学科に入学したら、積極的に外に出かけてみてください。